地域特化型の相談センターだからこそ、
利用者に寄り添ったきめ細やかな対応でサポート!

無料相談センター
お問い合わせ

医療系サービスを軸とする介護保険の再編成 ケアマネジメントへの利用者負担の導入は?

高齢者のイメージ

 2021年度の介護保険制度見直しに向け、ケアマネのもっとも気になる論点のひとつが『ケアマネジメントにかかる利用者負担』でしょう。介護保険部会では賛否は出ているものの、まだ突っ込んだ議論にはなっていない。

 利用者の高齢化や病床機能の再編成が進む中では、急性期から間もない状況で在宅復帰に至るパターンもさらに増えてくると予想される。入院中から要介護認定の申請を行ない、ケアマネジメントのスタートも医療機関側の退院支援と連携しながら…という形になるパターンも多くなる。

  過去の審議会意見では「利用者の要望を組むだけでのプランが増え、公平で自立支援に資するプランになるかどうか」という懸念が見られた。しかし、利用者が何に不安を感じているかという点にスポットを当てれば…「本人の状態が不安定な中で、医療系サービスの優先化」という流れがむしろ強まることが想定されるのではないだろうか。

  もっとも、この流れが医療側にとってもろ手を挙げて歓迎できるかといえば 決してそうとは言えない。
 これからの時代、患者を在宅でしっかり支えることは 、地域医療の根っこにおいて欠かせないビジョンだ。そのためには、医療からバトンを受ける側となる居宅のケアマネが、どっしりと腰を据えてケアマネジメントにあたれる環境が必須だ。

介護施設をお探しの方、お一人おひとりに寄り添って、
その方にあった施設探しをお手伝いいたします。

施設選びガイドはこちら