地域特化型の相談センターだからこそ、
利用者に寄り添ったきめ細やかな対応でサポート!

無料相談センター
お問い合わせ

よくある質問 Q&A

介護施設や老人ホームなどの高齢者施設をお探しの方から、
よくあるご質問をまとめました。
ぜひ、お役立てください。

施設選びガイドはこちら
介護が重くなっても同じ施設で生活できますか?
人物シルエット

施設の種類や方針により異なりますが、施設選びの段階では「最初から最期まで想定」しておくことが大切です。将来、身体状況が悪化したときに、自分の選んだ施設が信頼できるかどうかを考えて施設を探しましょう。
介護度が低いときには医療ケアはそれほど必要を感じないかもしれませんが、介護が重くなって医療ケアが必要になってくる場合も考えられます。
ご入居後にどのような生活を送りたいか、愛住まいるまでお気軽にご相談ください。

要介護度が増したとしても原則は、同じ施設に戻ることができます。しかし、入院中で施設利用がなくても、管理費や家賃などの一定の費用は、負担しなければなりません。反対に、入院が長期にわたった場合には、一定の期間(例えば3ヶ月など)を契約解除の条件としているところもあります。また、施設では対応できない医療ケアが必要になった場合にも住み替えが必要になりますので、事前に確認をしておきましょう。

有料老人ホームでの医療体制はどのようになっていますか?
人物シルエット

有料老人ホームでは、看護師の配置が義務付けられており、日常的な健康管理や服薬管理、緊急時の医療機関への連絡などを担当します。
医療施設ではないため医療行為には制限があります。しかし、医師の指示によって看護師による一部の医療ケアが許されています。例えば、インシュリン注射、床ずれの処置、たんの吸引、中心静脈栄養、胃ろうなどの経管栄養、在宅酸素、人工呼吸器の管理などがあります(※すべてのホームで対応しているわけではありません)。

また、医療機関と協力契約を結ぶように定められています。協力医療機関は、看護師を通して、血圧や肥満など健康管理面のアドバイス、定期健診、健康相談、家族希望時の医療・治療サービス(要医療費)などを担当します。
救急対応の医療機関であれば、緊急時にも対応が可能で、「優先的な入院」「医師の往診」などができる場合もあります。
入居者ができるだけ長く自立した生活を送ることができるように、身体機能の維持を図るリハビリプログラムが用意されています。

看取りについては、延命治療をせずに居室で最期を迎えたいと希望する方が増えていることから、対応する有料老人ホームもあります。ホームでの自然死(尊厳死)には、24時間体制での看護職員の対応に加えて、臨終の立ち会いと、死亡確認ができる医師などが条件です。また、事前に施設スタッフと、本人や家族が話し合って確認し、終末期ケアの同意書などを交わします。
ホームによっては、家族が介護スタッフと一緒に看取りを行えたり、看取り専用の個室が設けられているところもあります。

入居にあたり、不用品の処分や持ち家の売却などの相談もできますか?
人物シルエット

はい、ご相談承ります
愛住まいるの母体は、株式会社波多野工務店です。中古住宅とリフォーム・リノベーションを提案する部署がございますので、そちらへご相談していただく形になります。愛住まいるでは、ご入居を考えたときに付随するさまざまなお悩みに対応することができます。お気軽にご相談ください。

施設見学で見るべきポイントを教えてください。
人物シルエット

見学には、愛住まいるスタッフも同行いたします。一度で確認できなかった場合でも、後ほど弊社スタッフが確認し、お答えできますので、ご安心ください。以下にチェックポイントをまとめましたので、参考にしてください。ただし、すべての希望が叶えられるわけではありません。ご本人やご家族にとって何が大事か、何を大切にしたいかを改めて考えることが重要です。

 建物について
専用と共用スペースはもちろんですが、周辺環境も見てください。
ホームまでのアクセスは、「家族が通いやすいか」という視点でチェック。周辺環境は、自由に行動できる自立した方であれば、安全に散策できる場所があるか、買い物に便利かという点もポイントです。

 専用居室
トイレ・洗面台・収納・緊急通報装置など設備の使い勝手を見てください。また、家具を入れるスペースやサイズを確認しましょう。
日当たりや眺望も大切ですが、ホームでの生活は意外に居室以外のスペースで過ごすことが多いので、気にし過ぎないように注意してください。

 共有スペース
リビングなどの共有スペースは、意外に多くの時間を過ごすので居心地・使い心地を必ずチェック。居心地が良ければ、自然と人が集まり、入居者同士の交流が持てる場所となっているはずです。

 入浴設備・機能訓練室
寝たきりなど介護度が重くなった場合の対応(機械浴ができるかなど)、機能訓練の方法など、設備の充実度とそれを補完する工夫などもあるかどうか確認しましょう。

 清掃・メンテナンス状況
清掃が行き届いているか・においの有無も確認してください。スタッフが不足していると掃除がおろそかになります。築年数が古くてもメンテナンスできているなら、施設運営がうまくいっていると考えられます。

 スタッフ
看護師などの人員配置や有資格者の割合などは重要事項説明書で確認できます。採用や離職の状況は、介護スタッフの対応に余裕があるかを見ると判断しやすいです。また、見学時の施設スタッフの挨拶や笑顔はあるか、説明や質問に対する受け答えなどを確認しましょう。
ホーム長と話をする機会があれば、施設運営やスタッフ教育についての考え方などを聞くと良いでしょう。さらに施設の一番の特徴は何かを聞いておくと、最終的にホームを決める際の判断材料にできます。

 医療連携・リハビリ
協力医療機関は、病院名、診療科目、場所、協力内容を確認します。救急搬送する場合の近隣の病院との協力関係も要チェック。
健康管理体制は、訪問診療の頻度、定期健康診断の頻度を見てください。看護師の常駐時間、夜間に看護師がいない場合の緊急時の対応(オンコール体制など)も注視してください。
自立支援や介護予防のリハビリプログラムはどうか、しっかりチェックしましょう。機能訓練指導員の有無、リハビリ設備の有無、実施状況などを確認してください。

施設選びガイドはこちら